ライフプランを立てることの重要性〜子どもの未来の選択肢のために親が知っておくべきこと〜

ライフプランと聞くと、就職や転職、結婚や出産など、人生における大きなイベントを思い浮かべる人も多いでしょう。例えば、結婚・出産・子育てには「する」「しない」も含めていろいろな選択肢がありますが、自分で判断し選択していくためには、正しい情報を知ることも大切です。そこで今回は、医師で岡山大学学術研究院保健学域 教授の中塚幹也先生に、ライフプランの重要性についてお話を伺いました。自分らしく素敵な人生を送るためにライフプランについて親子で考えてみませんか。

中塚幹也先生プロフィール写真

中塚幹也(なかつかみきや)岡山大学学術研究院保健学域 教授。1986年岡山大学医学部・医学科卒業。1992年~1995年 米国NIH(National Institutes of Health)に留学。1994年博士(医学)取得。専門はライフサイエンス、生殖医学。岡山大学生殖補助医療技術教育研究(ART)センター 教授、岡山大学病院リプロダクションセンター センター長、岡山県不妊専門相談センター「不妊・不育とこころの相談室」 センター長なども兼任。大学病院では、不妊内分泌外来、不育症専門外来、ジェンダークリニック(性別不合,性同一性障害の診療)を担当している。著書には『封じ込められた子ども,その心を聴く:性同一性障害の生徒に向き合う』(ふくろう出版)、『個「性」ってなんだろう?LGBTの本(監修)』(あかね書房)などがある。インスタグラム「中塚教授のひとりごと」で、また、Yahoo!ニュースエキスパートとしても「生殖とジェンダーの今」で発信中。

◆岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室ウェブサイト

http://www.okayama-u.ac.jp/user/mikiya/index.html

◆Yahoo!ニュースエキスパート「生殖とジェンダーの今」

https://news.yahoo.co.jp/byline/mikiyanakatsuka

◆ライフプランを考えるあなたへ.性と妊孕性の視点から見つめる「未来への選択肢」

https://miraihenosentakushi.jp

◆トランスジェンダーに関連する法律と医療を考える会(プロジェクトTGD)

https://pttgdjapan.main.jp

◆インスタグラム「中塚教授のひとりごと」

https://www.instagram.com/nakatsuka_kyoju


ライフプランを考えることの重要性

家族の後ろ姿の画像

ライフプランは何歳頃に考えるべきでしょうか?

ライフプランを立てることは、どの年代にも必要なものと考えています。もちろん、年代・環境によってライフプランの意味合いは変わってくると思いますが、人生の選択肢について考えることは大切です。

例えば、学生時代に将来なりたいものを考えるのもライフプランですし、仕事をしている人が転職を考えるのもライフプランです。いろいろな経験や知識を身につけた後で考えるライフプランでは、選ぶことのできる選択肢が広がります。中には、子どもを持つといった年齢が影響するライフプランもあります。

適切な知識や情報を得ることで、幅広く多様な選択肢を持つことができる時代だからこそ、どの年代になってもライフプランを考えてみることが大切だと思います。

ライフプランを考える際に知っておくべき情報にはどんなものがありますか?

ライフプランには様々な内容があります。例えば、学生時代であれば進学や就職、恋愛をする年齢になってくると、その先の結婚や子どもを持つことも考えるでしょう。仕事と家庭の両立であったり、親の介護との両立が出てくる場合もあります。かなり先にはなりますが、老後のライフプランというのもありますね。

本来であれば、これらの情報を全て知っておくのが良いですが、あまりに先すぎる人生のイベントについて勉強しておくのはなかなか難しいです。

まずは、数年先の目が向きやすい身近な進学・就職・恋愛・結婚などに関して、ご家庭でも将来どうなりたい?といった話題を出しながら考える機会がもてると良いのかなと思います。

子供のうちから、ライフプランを考える重要性について教えてください

私は産婦人科医で特に生殖医療を専門としていて、子供が欲しいけどできない人たちの診療もしています。「卵子の老化について知っていれば、もっと早く受診したのに」という人も過去には多かったです。

十数年前、大学生に聞いた際、女性が60代でも子供を産めると言った人が5%ぐらいいました。50代でも産めると答えた人も2〜3割いて、妊孕性についてあまり知られていませんでした。

最近では、卵子の老化についてNHKでも取り上げられたり、東京都で卵子凍結保存の助成金が出たりするようになったので、知らない方は減ってきました。

「知っていればできたのに」という後悔を減らすためにも、ある程度の一定のラインで多くの人が知っておいてもいいことは、学校教育の場で教える必要があると思います。

学校でライフプランについて考える機会はありますか?

教科の中でいうと、保健体育が一番考える機会の多い教科だと思います。ただ、家庭のことになれば家庭科でも扱うでしょうし、時代の流れも関係してくることなので、社会科や道徳で扱うこともあるかもしれません。しかし、系統的に教えるとなると、教科書や副読本でライフプランに関係する内容に触れている保健体育がメインになってくると思います。

ライフプランのために知っておくべき知識

ライフプランを考える際に知っておくべき情報にはどんなものがありますか?

ライフプランには様々な内容があります。例えば、学生時代であれば進学や就職、恋愛をする年齢になってくると、その先の結婚や子供を持つことも考えるでしょう。仕事と家庭の両立であったり、親の介護との両立が出てくる場合もあります。かなり先にはなりますが、老後のライフプランというのもありますね。

本来であれば、これらの情報を全て知っておくのが良いですが、あまりに先すぎる人生のイベントについて勉強しておくのはなかなか難しいです。

まずは、数年先の目が向きやすい身近な進学・就職・恋愛・結婚などに関して、ご家庭でも将来どうなりたい?といった話題を出しながら考える機会がもてると良いのかなと思います。

ライフプランに関して学べるツールはありますか?

各自治体で何かしらツールを作っていると思いますが、私が監修し岡山大学の学生と一緒に作った漫画教材があります。これはプレコンセプションケア用に岡山県からの依頼で作成したのですが、単に文章と挿絵だけでは、なかなか読んでもらえないと思い、漫画で作成しました。

漫画未来への選択肢 改訂版
漫画未来への選択肢 拡大版

もっと詳しく勉強したいと思った人に向けた冊子やYoutube動画も作成していて、ライフプランについて学びやすいツールになっていると思います。

冊子は次のような4部構成になっていて、妊娠の仕組みから不妊治療まで幅広く学べるものになっています。

  1. いのちのはじまりの旅
  2. 年齢と卵子や生死のかんけい
  3. 妊娠・出産子育て事情
  4. 出生前検査
知っておきたいシリーズ冊子

また、漫画では、LGBTなどの性の多様性を学べる内容も追加しました。

性同一性障害の方々が普通のライフプラン教育を受けてしまうと、自分には将来がないという思いに陥ってしまうので、どんな人でも家族をもったり子供をもったりできるということも書いています。

未来への選択肢のウェブサイト上で、漫画や冊子が閲覧可能です。

子供のライフプランをサポートするために

ライフプランイメージ画像

子どもがライフプランを考えられるように親が学ぶべきことはありますか?

親が学んでおくべきことはたくさんあると思います。実際、先ほど紹介したような漫画や冊子に書かれているライフプランや妊孕性に関しては、子供達に学んでいってほしい内容のものですが、大人でも知らないことも多いです。当事者になって勉強した人もいるかもしれませんが、知らない人がほとんどです。

例えば、LGBTに関しては子供たちのほうがよく知っていて差別や偏見もなく受け入れている場合が多いですが、大人の場合、差別や偏見の意識が強いことも多いです。

学んで知ることで、親側ができるサポートも変わってきます

岡山県で作成したものに限らず、学べるものはたくさんありますので、ぜひ親御さんもこうしたツールを活用して学んでほしいと思います。

家庭内でライフプランを話すコツはありますか?

各ご家庭での親子の関係性があるので、一概には難しいですが、思春期になってからいきなり将来の話をするのはお互いにハードルが高くなってきます。幼少期から将来どんなふうになりたいかを気軽に話せる関係性を築きたいものですね。

もっと言うと、なにか困った時には相談してくれる関係性であるかどうかが重要になってきます。それが親であれば一番ですが、親との関係性が良くない場合でも誰か1人でも話ができる人を作っておくというのが大切かなと思います。

ライフプランを考える際に親が注意するべきことはありますか?

親と子供は別人格です。親の望む人生を歩むとは限らない、子供に望むことはあると思いますが、思い通りにはなかなかなりません。明らかな犯罪行為などは止めなくてはいけませんが、自分の人生観、家族観と違っても、そういう考え方もあるかと受け止め、一緒に将来を考えていくことが親にできることではないでしょうか。

子育て世帯へ、メッセージをお願いします

子育ては、親も初めての経験なので、正しいと思ってやったことがうまくいかなかったり、間違えてたりすると思います。そんなときは、少し振り返って別の道を行ってみるというのも大切かなと思います。

100%完璧な人はいませんので、試行錯誤しながら、子供自身が一番幸せと思える人生を歩めるように手伝っていけたら良いですよね。

子育て真っ只中だと、先が見えなくて不安なことも多いと思いますが、、知識があることで乗り越えていけることもあると思っています。いろいろな人の意見を聞いたり、専門家に相談したり、また、自治体にどんなサポートがあるか知っておくなど、色々な人やサービスに頼りながら、子育てを楽しんでほしいと思います。

中塚幹也先生を詳しく知りたい方はこちら

岡山大学研究者総覧:https://soran.cc.okayama-u.ac.jp/html/1112c44c952548a774506e4da22f6611_ja.html

岡山大学大学院保健学研究科 中塚研究室ウェブサイト:http://www.okayama-u.ac.jp/user/mikiya/index.html

岡山大学医学部保健学科・大学院保健学研究科ウェブサイト:https://www.fhs.okayama-u.ac.jp

編集部コメント

妊娠・出産・不妊に関して、昨今多くの情報はありますが、当事者になって初めて知る内容も多いように思います。また、LGBTなどの性の多様性に関して、今の子供達は学校教育で触れる機会がありますが、親世代は知らないことも多いです。人生を選択するうえで「知っていたら違ったのに」「そういう生き方もあったのか」という後悔を減らすためにも、事前に知っておくべき情報はたくさんあるなと、改めて気付かされました。日々アンテナを張り学び続けることで、子供の未来をよりサポートできるのではないかと感じました。