MENU

海外FXの入金方法・出金方法6つを比較|おすすめは銀行送金!手数料や反映時間を解説

▶記事は編集方針を基に作成され、ランキングは評価基準に則り中立的に作成しています。当サイトは広告収入を基に運営されています。

海外FXの入金・出金方法は6種類あります。

スクロールできます
入出金方法おすすめ度手数料着金速度特徴・注意点
①クレジット(デビット)カード安いカード会社による手数料は無料。ただし、入金額までしか出金できないため利益分は別方法で出金する必要あり。
②国内銀行送金安い遅い自身の口座で入出金ができ、安全性も高い。着金時間は、当日~数日間とやや時間がかかる傾向。高額出金にも対応。
③海外銀行送金高い遅い海外銀行経由のため手数料が高い。さらに着金時間も多くかかるためおすすめできない。
④bitwallet安い早いbitwalletを開設する手間はあるが、他海外FX業者の入出金も一括管理できて便利。
⑤STICPAY高い早いbitwallet同じオンラインウォレット。手数料が高いため、bitwalletの方がおすすめ。
⑥ビットコイン安い早い入金額までしか出金できない。手数料が安く着金も早いが、利用できる業者が少ない。

おすすめは国内銀行送金。理由は安全性と手数料の安さ、トレードで得た利益もまとめて出金できるため。海外FXでは、入金と出金は同じ方法でする必要があります。

海外FX入出金のルール

海外FX入金・出金のルール

総合的に見て国内銀行送金がおすすめですが、目的によっては別の方法が合っている場合もあります。

条件別おすすめ入出金方法
  • 安全な方法→国内銀行送金
  • 着金が早い方法→bitwallet
  • 手数料が安い方法→bitwallet・国内銀行送
  • 高額出金する方向け→銀行送金

他にも、海外FXの入出金には事前に理解しておくべきポイントがあります。基本ルールから入出金の注意点も紹介しているので、参考にしてください。

高橋渉

執筆:高橋 渉
株式投資歴20年、為替証拠金取引歴15年。中長期に金融政策をベースにドル円、ユーロ円、ユーロドルのスイングトレードがメイン。スキャルピングも好き。奨学金500万借金から社会人をスタートして、40歳で資産数億到達。欲張らず、時間を味方にした負けにくい投資がモットー。

パートナーのリスト編集ガイドライン評価プロセスを公開しています。

FXのルールや注意点に関しては、金融庁「外国為替証拠金取引について」をご確認ください。

ショートカットできる目次

海外FXの入金/出金の基本ルール4つ【事前チェック必須】

  1. 入金と出金は同じ方法で行う
  2. 出金方法に優先順位がある
  3. ボーナスは出金できない場合がほとんど
  4. 出金できるのはFX口座と同じ名義の出金先だけ

ルール①入金と出金は同じ方法で行う

海外FXの共通ルールで、「原則、入金と出金は同じ方法」と決められています。

マネーロンダリングを防ぐためで、特にクレジットカードの入出金に対する規制は年々厳しくなっています。初心者だけでなく、中級者レベルでも忘れがちなルールなので、覚えておきましょう。

ただし、利益分は例外。業者ごとに対応は異なり、海外FX業者で人気のあるXMTradingの出金ルールでは、利益分は銀行送金しかできません。

自分の使う海外FX業者の出金ルールを事前に確認しておくと、後から困らないで済みます。

ルール②出金方法に優先順位がある

複数の方法で入金した場合、出金方法には優先順位があり、従わなければいけません。優先順位は各海外FX業者で決められていますが、どこもクレジットカードが最優先なのは共通です。

人気業者XMTradingでの出金例

  1. クレジットカードで10万円入金
  2. bitwalletで追加で5万円入金
  3. トレードで1万円利確
  4. 口座残高が16万円

上記の方法で入金し、口座残高16万円を出金する場合以下のような出金ルールとなります。

優先順位出金方法出金額
1クレジットカード10万円
2bitwallet5万円
3銀行送金1万円

【XMの出金先の優先順位】

  • クレジットカード/デビットカード
  • ビットコイン
  • bitwallet
  • 銀行送金

優先順位を守って順番に操作しないと出金できないので注意してください。入金方法はできるだけ統一すると、ややこしくならないので意識してみてください。

ルール③口座開設・入金ボーナスは出金できない場合がほとんど

海外FXでは口座開設や入金でボーナスがもらえるケースが多いですが、出金できない業者がほとんど。他にも、口座内の資金を出金・移動する際にボーナスが消える場合もあるので注意してください。

XMの場合、出金額と同じ割合のボーナスが消滅するルールがあります。ボーナスは出金できませんが、ボーナスを使ったトレードで得た利益は出金できるので、上手に活用しておきましょう。

ルール④出金できるのはFX口座と同じ名義の出金先だけ

海外FXでは、他人名義の銀行口座には出金できません。必ず、自分名義の出金先を選びましょう。

たとえ家族や配偶者でも出金できないので注意してください。また。自分の名前のアルファベット表記が異なる場合も出金できない可能性があるのでよく確認しておきましょう。

海外FXでの入出金方法6つ

  1. クレジット(デビット)カード
  2. 国内銀行送金
  3. 海外銀行送金
  4. bitwallet
  5. STICPAY
  6. ビットコイン

クレジット(デビット)カード

海外FXのクレジットカード入金の仕組み
対応業者XM/AXIORY/iFOREX
HFMarkets/FXGT/
exness/TitanFX
手数料無料
反映時間即時

海外FXのクレジットカード入金は、ショッピング枠で送金される仕組み。つまり、通常の買い物と同じ流れで決済されます。出金時は返金扱いで処理されるため、入金額以上の出金はできません。

メリットデメリット
ほとんどの業者で対応
出金手数料は無料
多くの方が持っている
入金分しか出金できない
出金反映に時間がかかる場合がある
クレカ業者に目を付けられる可能性も

クレジットカードで入金した場合、入金分はクレジットカードで出金できます。多くの方がクレジットカードを持っていて、ほとんどの業者で対応しているので入出金に使いやすいのはメリット。

ただし、入金額以上の出金はできないため、利益分は別の方法で出金する必要があります。一度に出金したいなら、クレジットカード以外の方法を選びましょう。

また、クレジットカードは返金処理されるので、着金反映までに最大1ヶ月かかることがあります。

国内銀行送金

海外FXの国内銀行送金での入金の仕組み
対応している業者XM/FXGT/AXIORY/
Exness/BigBoss/TitanFX
HFMarkets
手数料無料~数百円
反映時間当日~数日

国内銀行送金は、海外FX業者が持つ国内銀行口座を通して入出金する方法。国内FXと同じ仕組みです。海外を経由しないので手数料が安く、着金までの時間が早いのが特徴です。

メリットデメリット
振込手数料は数百円
利益分もまとめて出金可能
初心者でも慣れた方法
着金まで3~5日かかる
利用できる業者が少ない
(人気業者はほぼ利用できる)

国内銀行送金なら通常の振り込みと変わりなく取引ができるので、海外FXへの入金が不安な人は馴れ親しんだ方法を選びましょう。対応業者が限られているので、事前に確認しましょう。

海外銀行送金

海外FXの海外銀行送金での入金の仕組み
対応している業者AXIORY/TradersTrust
BigBoss/MILTON MARKETS
手数料数千円
反映時間数日~数週間

海外銀行送金は、海外FX業者が持つ海外銀行口座を中継して入出金する方法。手数料が高い・着金までに時間がかかるため、おすすめしません。

メリットデメリット
海外在住者なら使いやすい着金まで時間がかかる
手数料が高い

海外銀行送金で出金する場合、リフティングチャージ+被仕向送金手数料がかかります。金額は、各銀行によって異なり、その中ではソニー銀行が最安です。

【海外銀行送金で発生する手数料|2種類】

手数料説明金額
リフティング
チャージ
海外銀行を経由して資金を移動する際、通貨の両替を伴わない場合に発生する手数料。別名「円為替取引手数料」で円のまま出金する場合は必ずかかる2,500円~送金額×0.05%

被仕向送金手数料
海外からの円建て送金でかかる、受け取り側が支払う手数料1,500円~2,500円

【各銀行の手数料一覧】

銀行名リフティング
チャージ
被仕向送金手数料
みずほ銀行送金額×0.05%2,500円
三菱UFJ銀行送金額×0.05%1,500円
楽天銀行無料2,450円
りそな銀行送金額×0.05%1,500円
三井住友銀行送金額×0.05%1,500円
北海道銀行送金額×0.05%1,500円
住信SBIネット銀行無料2,500円
沖縄銀行3,000円無料
北洋銀行送金額×0.05%1,500円
ソニー銀行無料無料

手数料が高いので海外銀行送金を利用する際は、なるべくまとめて行いましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

海外FXのbitwalletでの入金の仕組み
対応している業者XM/AXIORY/iFOREX
HFMarkets/FXGT/
exness/TitanFX/
easyMarkets/IronFX
BigBoss/MILTON MARKETS
手数料bitwalletへの入金手数料
クレジットカード:入金額の8%
銀行入金:0円
反映時間即時

bitwalletは、世界200ヵ国で使える電子決済サービス。利用できる海外FX業者が多く、bitwallet口座を持っていればFXの資金を一括管理できます。

メリットデメリット
着金スピードが速い
出金手数料は安い
多くの海外FX業者で使える
入金額以上は出金できない業者もある
入金手数料がクレジットカードだと高い
bitwalletに登録が必要

利益分は、出金できない業者もあり、出金に手間がかかることがあります。なるべく、出金も一括でできる入出金方法を選びましょう。

bitwalletで利益も出金できる業者

Exness/TitanFX/iFOREX

Tradeview/FBS/HFMarkets

MiltonMarkets

海外FXのbitwallet入出金について詳しく確認する

STICPAY

海外FXのSTICPAYでの入金の仕組み
対応している業者XM/FXGT/FBS
TitanFX/easyMarkets
IronFX
手数料STICPAYへの入金手数料
銀行入金:入金額の1%
クレジットカード:入金額の3.85%
ビットコイン入金:入金額の1%
反映時間即時

STICPAYは、bitwalletと同じく電子決済サービスの一つです。全世界のATMに対応していて、STICカードを持っていればどこでも出金できて便利です。ただし、今後日本から事業撤退する可能性もあるので注意してください。

メリットデメリット
電子決済で簡単にできる
着金速度が速い
入金額までしか出金できない業者がある
出金額が大きいと手数料も高額になる
対応している業者が限られている

着金速度が速く使いやすいですが、手数料が高い傾向です。STICカード経由の出金なら1.3%と手数料を抑えられますが、カード発行後13か月目から毎月10HKD(約190円)ほどの手数料がかかります。

電子Walletを使いたいならbitwalletの方が手数料を抑えて利用できます。

海外FXのSTICPAY入出金について詳しく確認する

ビッコイン

対応している業者TitanFX/AXIORY/
HFMarkets/FXGT
手数料出金額の0.5%
メリットデメリット
価格変動でお金が増える可能性がある
手数料が安い
入金額以上は出金できない
対応している業者が減ってきている

対応している業者は少ないですが、ビットコインでも出金ができます。

手数料も出金額の0.5%程度なので、負担になりません。ビットコインで出金すると、値動きによっては資金が増える可能性も。価格が下がれば出金額より資金が減ることもあるので注意してください。

たとえば、500万円の仮想通貨として入金したけど、反映時の価格で入金がくよりも少なくなることも大いに考えられます。

他にも、入金額以上はビットコインでは出金できないので、利益分は銀行送金を利用する必要があります。ビットコインFXの詳細は仮想通貨FX(ビットコインFX)おすすめ海外取引所をご覧ください。

海外FXの入出金方法|おすすめはどれ?

海外FXの入出金方法|おすすめはどれ?
海外FXの入出金方法|おすすめはどれ?

海外FXのおすすめの入出金方法は、国内銀行送金です。手数料の安さと着金速度も比較的速い傾向。多くの方が馴れ親しんだ方法なので、精神的にも楽でスムーズに手続きできます。

国内銀行送金に
対応している業者
XM/FXGT/AXIORY/
Exness/BigBoss/TitanFX
HFMarkets
手数料振込手数料のみ
反映時間当日~2,3営業日

一定額以上を出金すると手数料が無料なる業者もあります。例えば、人気業者のXMなら40万円以上の出金で手数料がかかりません。出金はなるべく1回にまとめると、コストを抑えられます。

国内銀行送金を取り扱っていない業者ならbitwalletがおすすめ。着金速度が最速で手数料も比較的安く抑えられます。

bitwalletに
対応している業者
XM/AXIORY/iFOREX
HFMarkets/FXGT/
exness/TitanFX/
easyMarkets/IronFX
BigBoss/MILTON MARKETS
手数料bitwalletへの手数料のみ
反映時間即時~24時間程度

利用できる業者が多いので、bitwallet口座を持っていて、着金速度重視の方はbitwalletを優先的に使っても便利です。

海外FXの入出金に関する注意点|損なく出金しよう

海外FXの入出金に関する注意点
海外FXの入出金に関する注意点
  • 金融庁の規制により入出金の方法は変わりやすい
  • 出金するとボーナスが消滅する可能性がある

金融庁の規制により入出金の方法は変わりやすい

海外FXでは、入出金の方法が変わることがあります。なぜなら、金融庁が海外FX業者を厳しく規制しているからです。

日本の金融ライセンスを保有していない業者が多く、規制によって急に入出金のルールが変わる可能性があることは頭に入れておきましょう。ただし、基本的なルールはほとんど変わることはありません。

海外FXの違法性について心配な方は海外FXに違法性はある?をご確認ください。

出金するとボーナスが消滅する可能性がある

海外FXでは、取引に使えるボーナスがもらえることがあります。ただし、現金と同じように出金はできません。基本的には、ボーナスは取引専用のお金です。

ボーナスを使って稼いだ利益は出金できるので、まずはトレードで利益を出しましょう。利益を出金する際の注意点は、出金するとボーナスが消滅する可能性があること。

例えば、XMTradingの場合は出金額と同じ割合のボーナスが消滅します。口座残高の20%を出金したら、ボーナスも20%減ります。知らずに出金してしまい、ボーナスが消えて損して後悔するケースも。ボーナスは最大限活用してから出金しましょう。

海外FXで出金できない原因と対処法

原因対処法
両建てなどの禁止行為をしたルールを把握し禁止行為をしない
出金先の口座情報を間違えている本人名義か入力ミスがないか確認する
出金ルールを破っている出金ルールを確認する
ボーナスを出金しようとしている出金できるボーナスか確認する
海外FX業者が詐欺行為をしていた金融ライセンスの有無、SNSの口コミを確認する
海外FXで出金できない原因と対処法

ほとんどの場合、出金情報の間違いや出金ルールの誤解です。海外FXの出金には、特有のルールがあるので覚えておきましょう。

基本的に、どの業者でも出金ルールは同じです。当記事で理解して損なく入出金しましょう。それでも出金できない場合は、トレーダー側が禁止行為をしてしまったか海外FX業者が詐欺行為をしている可能性があります。詐欺が疑われる場合は適切な対応を取らなければいけません。

業者選びを間違えないためにも、海外FXおすすめランキングをご確認ください。1,011人のトレーダーが選んだ本当におすすめな業者をご紹介します。

海外FXの入出金に関するよくある質問

海外FXの入出金に関するよくある質問
海外FXの入出金に関するよくある質問

海外FXの税金はいくらからですか?

海外FXの税金は、利益が一定額を超えた場合のみ支払う必要があります。それ以下の場合は、税金はかかりません。

例えば、会社員やアルバイトの給与所得者は20万円、個人事業主や専業主婦の非給与所得者は38万円以上の利益を出した場合に税金を支払う必要があります。

対象納税条件
給与所得者(会社員、アルバイト)年間20万円以上の利益
非給与所得(個人事業主、専業主婦)年間38万円以上の利益

海外FXの税金については海外FXの税金を完全解説!計算方法や注意点でご確認ください。

海外FX入出金方法のbitwalletのデメリットはありますか?

bitwalletのデメリットは、入金額以上の出金はできないこと。利益分は、銀行送金で出金する業者が多く、まとめて出金できずに手間がかかることがあります。

利益分の出金を考えた上で、入出金の方法を選びましょう。そもそも、bitwalletが使えない業者もあるので、注意してください。

海外FXのTradeviewの出金時間はいつですか?

Tradeviewの出金時間は、bitwalletSTICPAYなら24時間以内で可能。ただし、手数料の安いクレジットカードの場合、1ヶ月かかる場合があります。

海外FXで出金拒否されることはありますか?

海外FXで出金拒否されることがあります。

出金ルールの確認不足や禁止行為をしていると、出金できません。出金情報の入力ミスや名義人が違ったケースもあるので確認してください。

それでも出金できない場合は、業者による意図的な詐欺行為の可能性もあります。業者選びは慎重に行いましょう。

デビットカードで出金できますか?

デビットカードでも出金できます。基本的にクレジットカードと同じです。

海外FXは出金しなければ税金はかかりませんか?

税金は利益確定した分にかかるので、出金しなくても税金を支払う必要があります。年間20万円以上の利益がある人は、税金を支払いましょう。

詳しくは海外FXの利益は出金しないと税金はかからない?をご確認ください。

海外FX億を出金できますか?その場合手数料は高くなりますか?

海外FXでは、1億円でも出金できます。手数料も特別高くなることはありません。

億単位で出金可能な海外FX業者については1億円でも出金ができる海外FX業者3選をご確認ください。

海外FXの入出金は銀行送金がおすすめ|ソニー銀行が安い

海外FXの入出金は銀行送金がおすすめ
海外FXの入出金は銀行送金がおすすめ

本記事では、海外FXの入出金方法を紹介しました。

海外FXの入出金方法は6種類

  1. クレジット(デビット)カード
  2. 国内銀行送金
  3. 海外銀行送金
  4. bitwallet
  5. Sticpay
  6. ビットコイン

手数料無料のクレジットカードも良いですが、利益分の出金の手間を考えると、国内銀行送金がおすすめ。銀行送金は誰もが経験したことがある方法なので、心理的ハードルも低くできます。

メリットデメリット
主要業者のほとんどで対応
利益分もまとめて出金可能
初心者でも慣れた方法
着金まで3~5日かかる
手数料が2,500~5,000円かかる

国内銀行送金は主要業者のXMTradingFXGTでも対応しています。ただし、対応していない業者もあるので注意してください。

その場合、ソニー銀行を使うと海外銀行送金でも、国内銀行送金と同じ2,500円で済みます。ソニー銀行をお持ちの方は、積極的に活用してください。

海外FXの人気業者XMTradingのソニー銀行の出金方法を確認する

参考文献

ショートカットできる目次