ARINA-dpiの導入方法

最後に利用規約と注意点があります。最後までお読みください。

step.1|ダウンロードする

下記のダウンロードボタンよりARINAをダウンロードしてください。

step.2|chrome driverをダウンロードする

まず、Chrome driverをダウンロードする前に、使用しているChromeのバージョンを確認してください。

Chromeのバージョンを確認する方法

Chromeを立ち上げて右上の「丸ポチ3つ」をクリックして「設定」を開きます。「Chromeについて」をクリックするとバージョンが確認できます。

Chromeのバージョンが分かったら、ChromeDriver公式サイトで、あなたが使用しているChromeのバージョンに合わせたChromeDriverをダウンロードしてください。

ChromeDriverってなに?
ChromeDriverはChromeブラウザをプログラムで動かす為のドライバーです。すごく簡単に言うと、検索結果から情報を取得するために必要なドライバーです。

使用しているChromeのバージョンとChromeDriverのバージョンが一致していないとエラーがでます。今後、Chromeをアップデートした場合は、ChromeDriverを再ダウンロードしてください。

step.3|chromeDriverを指定の場所に置く

windowsとmacでChromeDriverを置く場所が異なります。

windowsの場合

step.3|chromeドライバーとアプリファイルを同じフォルダに入れる

step.1でダウンロードしたアプリファイルとstep.2でダウンロードしたChromeDriverを同じフォルダに入れてください。

macの場合

macの中にはじめから設置してあったDocumentフォルダにChromeDriverをそのまま置いてください。

step.4|アプリを立ち上げる

ARINA-dpi実行ファイルをダブルクリックしてアプリを起動します。

step.4|アプリを立ち上げる
過去データをみる過去に解析したデータを見返したい時に使用します
キーワード解析する新しい解析を行う場合に使用します。

はじめてアプリを使う人は「キーワード解析する」を使用しましょう。

step.5|項目を入れて解析開始

調査キーワードを入れて解析開始を押すだけです。

必要に応じて、オプション設定を入れていください。

arinadpi4

解析を開始すると、左下に進捗バーが表示されます。解析が終了するのを待ちましょう。

サジェスト数が多い単ワードを入れると2~3時間かかることがあります。

arinadpi

オプション項目の説明

調査キーワード調査したいキーワードを入れます
自社ドメイン自サイトのドメインを入れます
調査ドメイン1,2競合サイトのドメインを入れます
意図フィルタ検索意図グルーピングの精度を調節できます
「ゆるめ」は”だいたい“同じ検索意図ワードをグルーピング
「きつめ」は”ほとんど“同じ検索意図ワードをグルーピング
*フィルタの設定は、調査キーワードによって最適解が異なります。はじめは「ふつう」で解析してみて、グルーピングが甘い場合は「きつめ」、グルーピングが厳しい場合は「ゆるめ」を設定して再解析すると良いです。
count domain検索結果1ページ目にドメインの数を数えます
「任意のドメイン」にドメインを入れると、そのドメインの数も数えてくれます
結果は指定ドメインの総和が表示されます
出力をクリア分析結果をクリアします
次の分析を開始する時は、分析結果を1度クリアしてから実行してください

step.6|解析結果を分析する

検索意図検索意図が同じクエリは同じ番号でグルーピングされます
順位検索順位を表示しています。1ページ目に入っていない場合は表示されません
*50位くらいまで表示も可能ですが、分析時間が長くなるためバランスを取っています
count domain 指定したドメインが検索1ページ目にいくつあるかを表示してます
再検索ワード検索意図グループごとに再検索ワードの和を表示しています

step.7|過去の解析結果を読み込む

  1. 過去データを見る
  2. 過去CSVを読みだす
  3. 読みだしたいCSVファイルを開く

の手順で過去の結果を見ることができます。

注意点・利用規約

ARINA-dpiはスクレイピングという手法を使って、web上のデータを収集しています。

スクレイピングは下記3つの点でリスクがあります。結論は、総務省の事例から問題ないと判断しました。しかしながら、アプリの使用は各個人の責任で行ってください。

  • 著作権の侵害
  • 利用規約の侵害
  • 相手方サーバーへの負荷

著作権の侵害

※ 「著作物」とは、「思想又は感情を創造的に表現したものであって、文学、学術、美術又は音楽の範囲に属するも
のをいう。」(著作権法第2条第1項第1号)

円滑にビッグデータを活用してイノベーションを促進するために、著作権法が下記のように改正されました。

著作物の市場に悪影響を及ぼさないビッグデータを活用したサービス等※のための著作物の利用について、許諾なく行えるようにする

つまり、情報収集のためであればスクレイピングは著作権法違反にはなりません。そして、本アプリのスクレイピングは情報収集のためであり、収集したデータを公開、販売するものではなく、著作権法違反にならないと解釈しました。

また、情報収集しているのはgoogleの検索結果であり、個々のコンテンツではないことも著作権に違反しない理由です。

利用規約の侵害

サイトの利用規約等により、「スクレイピングしないでね」と書いてあるサイトをスクレイピングしても良いのか?という疑問です。総務省のスクレイピング事例より、誰でも回覧できる情報(ログイン等が必要ない)については利用規約自体に法的拘束力はないと判断しています。実際に総務省もスクレイピングしています。

相手方サーバーへの負荷

スクレイピングの頻度が高いと、相手側サーバーへの負荷が増大し、被害を与える恐れがあります。これに対して、当アプリは十分に余裕を持った時間でスクレイピングを行う設計にしてあります。そのため情報収集に時間がかかるというデメリットがあります。

以上のリスクを鑑みて、個人利用の範囲内でアプリを使用してください。

参考資料

>総務省のウェブスクレイピング事例と、リスクへの解釈

>著作権法改正

>スクレイピングは違法?3つの法律問題と対応策を弁護士が5分で解説